先物取引の基礎知識

jyuken_l

 

先物取引というのは証拠金取引です。

 

証拠金として証券会社に資金を預けることになります。

 

そして、証拠金の金額の倍額取引が可能です。

 

簡単に言えば、少ない資金でも高額の取引をすることができるので、資金が少なくても大きな利益を上げることができることが特徴です。

 

証拠金取引では維持証拠金が常に必要となります。

 

これは現在取引している状態を継続するために必要となる金額です。

 

簡単に説明すると現在の取引を維持するためには10万円が必要ならば、その10万円が維持証拠金となります。

 

自分の思惑とは逆の方向へ相場が動いて損益が出ると維持証拠金が足りなくなることがあります。

 

10万円必要で損益1万円で総資金が10万円ならば、維持証拠金が足りません。

 

このような状況で発生するのが追証金です。

 

追証金とは維持証拠金として不足している金額のことを指します。

 

追証金が発生すると必ず足りない資金を口座へ入金することになり、これを放置しますと自動的に取引が約定されます。

 

しっかりとこのような基本的な知識を持っておかなければ、一気に大きな損失を被る危険性がある取引なので、本当に基礎知識は必須です。

 

しっかりと知識を身に着けてから取引に挑むことが大切です。