‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

リスクヘッジ手段として利用可能

2014/07/12

先物取引は、そもそもリスクヘッジのために作られたものです。gf0640255792l

 

こちらが本来の目的で、投機的な取引が副次的なものだと言えるでしょう。

 

具体的にはどのようなリスクをヘッジすることができるのかというと、他の先物取引と同じように価格変動リスクをヘッジすることができます。

 

例えば、来月に入金される資金で株式を買おうと思ったとしても、もしもそのときに株価が上昇していれば買うことはできません。

 

このようなときに、先物で買っておくというのが良い方法です。

 

先物であれば、小さい証拠金で買うことができますから、資金が不足している状態に先に買っておく事ができます。

 

また、長期保有している現物株式の価格下落リスクを抑えるためにも用いられます。

 

長期保有している株式を売却したくないと感じることはあるでしょう。

 

例えば買付単価を変えたくないときや、あるいは長期保有による優待を狙っているときなどには、売却するべきではありません。

 

それでも価格が下落することが分かっている場合には、先物を売っておくことによってヘッジすることができます。

 

これが本来の先物取引の目的です。基本的には価格変動リスクをヘッジするためのものですから、この目的には適した設計になっています。

売りからスタートすることが可能

2014/07/12

株価指数先物取引では売りからスタートすることが出来ます。

 

株の現物取引では買いからスタートすることになり、株価が下がることに便乗して稼ぐことが出来ません。

 

株価指数先物取引はもちろん買いから取引をはじめることもできます。

 

選択肢が2つあることで、色々と戦略を考えることが出来ます。

 

一つの特徴としては、何かの理由によって相場が急落する状況になったときでもしっかりと売から取引を始めることで利益を上げることが出来ます。gf0640255783l

 

相場というのは理由によっては急落し始めるとかなり下まで一気に値が下がることがあり、これにうまく便乗することができると、短期間で大きな利益を上げることが出来ます。

 

買いからスタートするしか選択肢がない場合はこのように相場が急落した場合に取引を行う手段がありません。

 

下がり切ったところで買いを入れて再び相場が上昇することに便乗することになります。

 

売スタートできることで、下がり切るまで急落で利益を上げて、下がり切れば買いを入れて上昇に乗るという取引が可能になるので、効率的に稼ぐことが出来ますし、経済の流れに合わせて取引方法を選択しやすいものです。

 

こうした特徴があるので覚えておくと便利になります。

倒産リスクを避けることが可能

2014/07/12

株式投資でもっとも恐ろしい状況は倒産です。投資している企業が倒産すれば、投資した資金のすべてを失うことになります。これは非常に恐ろしいリスクgf0640065860lなのですが、株価指数先物の取引ではこの倒産リスクを避けることはできます。もちろんですが、世の中に100%ということはありませんから、避けることができない場合もありますが、たいていの場合には避けることができると考えられるのです。

 
なぜかというと、指数には多くの銘柄が組み入れられているからです。日本では日経225先物がもっとも有名で、非常に多く取引されていると言えるでしょう。この日経225先物には225銘柄が組み入れられています。倒産しそうなくらい経営の悪化している企業があれば、たいていはその前に除外されます。もしも除外されないまま倒産したとしても、225銘柄の一つですから影響はそれほど大きくはありません。リスクが完全にゼロではありません。例えば、組み入れられている225の企業が、前触れもなく突然すべて倒産をすれば、指数の値はゼロになると考えられます。ですから、リスクはゼロではないのですが、およそこれだけのことが起これば、恐らくそれだけでは住まないでしょうから、そこまで考える必要はないでしょう。

銘柄選択がいらない

2014/07/12

株価指数先物の取り引きをするメリットの一つが、銘柄選択がいらないことです。gf0240039759l

 

一度してしまえば問題はないと考える人もいるでしょう。

 

しかし、企業は永遠に存続するものではありませんから、選んだ企業が突然破綻して取引できなくなることもあります。

 

そうなるとまた選び直さなければなりません。

 

 

他にも、経営者が変わると大きく変わることもあって、以前とは全く異なった特徴になってしまうこともあり得ることです。

 

このようになると、取引する企業を再び選び直さなければなりません。安定した巨大企業を選んでおくのも良い方法ですが、それでも永遠に存続できる時代ではなくなってきているのです。

 

株価指数先物の場合、倒産をすることはありません。

 

組み入れられている個々の企業は経営方針を転換することもありますが、組み入れ比率にもよりますが、1社の影響はあまり大きくありません。

 

ですから、あまり大きな変化と見なくて良いのです。このようなことから、個別企業を選択することは必要ありません。

 

どちらかというと金融政策や財政政策など、マクロの要因を分析することがファンダメンタルズとしては必要ですし、短期で取引するならテクニカル分析も重要となってきます。

株価指数先物取引の特徴について

2014/07/11

株価指数先物取引は、レバレッジ投資です。証拠金を預けて、そしてその証拠金に対して何倍かのポジションを持つことができます。高いレバレッジをかけることができますから、効率良く資金運用をすることができます。ただし、レバレッジを高めればリスクも大きくなりますから、リスク管理が甘いと短期間で資金を失う可能性もあります。一言で言えばハイリスクハイリターンな投資だと言えるでしょう。長期的に保有をするよりも、短期売買をする方が適していると考えられます。

 

4967935
株価指数は、その国の経済全体を表していると考えられます。ですから、個別の要因よりもマクロの影響を受けやすいという特徴はあります。例えば金融政策の影響は非常に受けやすいと言えるでしょう。あるいは、為替レートの影響も受けやすいという傾向があります。国内要因だけではなくて、世界経済の影響を受けますから、個別の要因を分析するよりも、経済を取り巻く環境を分析する方が重要だと考えられます。短期的に見ても長期的に見ても、ファンダメンタルズとしてはマクロ面を分析するのが良いです。また、短期では相場の内部要因の影響が大きいですから、テクニカル分析を重視することも必要です。

取引は証拠金で行っている

2014/07/11

証拠金取引というのはFXや先物取引の決済方法です。3243618_1

 

これは自分の投資資金を業者に預けて、それを担保として取引をすることができるという内容です。

 

株式の場合は10万円という資金があった場合、その10万円の資金において取引をすることになりますが、FXや先物取引では10万円を担保に預けておき、10万円以上のお金を利用して取引をすることが可能です。

 

そのため、少額でも高額の取引をすることが可能という特徴があります。

 

少ない金額でも一発当てることができると、一気に資金を増やすことが可能になるので、とても便利な取引です。

 

しかしながら、予想が外れてしまうと大きな損失がやってきます。

 

この時、担保の金額を維持する必要があるので、その維持費を下回ってしまうと追証というシステムから資金を追加しなければなりません。

 

これを追証金と呼びますが、追証金が発生したときは期限内にお金を入金しなければ自動的に現在の取引が約定されます。

 

また、相場によっては売り注文を出していても約定できないことがあり、こうしたときはとてつもない追証金が発生することがあるので、基本的に追証が発生することを踏まえて担保に預ける資金は全総額の半分以下にするなど工夫をすることが大事です。

差金決済である

2014/07/11

現物の株式取引と異なる点としては、差金決済である事が挙げられます。

 

つまり、ポジションでトレードすることを意味します。

 

上昇するだろうと見込んで買った場合には買いポジションを持つことtになります。

 

買いポジションはずっと持ち続けるわけには行かず、いずれ売却しなければなりません。

 

売った場合も同じで、売ればいずれ買い戻さなければなりません。

 

この時の価格差が利益になります。teacher01_l

 

安く買って高く売るか、あるいは高く売って安く買い戻すかのどちらかで利益を得る事になります。

 

期限がありますから、期限までに反対売買をすることが必要とされます。

 

もしもポジションを持ち続けたいのであれば、ロールオーバーする方法もあります。

 

期近のものポジションを決済して、期先のポジションを持つことによって、ポジションを長くすることができます。

 

このようにする事はできますが、レバレッジをかけて取引をしていると言うことですから、ポジションを長くすることによってリスクが増大することは避けられません。

 

ですから、期日までに反対売買をすることによって利益を得ることを心がけるべきでしょう。

 

レバレッジをかけますから、基本的には短期売買に適したトレーディング対象です。

取引の期間が決まっている

2014/07/11

株式との大きな違いについてですが、期間が決まっていることが挙げられます。債券には償還の時期が定められていて、発行する時点でたいていは決まっstudent02_lています。2年と決められていれば、2年後には償還されて換金されます。これが特徴の一つです。それ以上保有することはできません。

 
株式の場合には、上場廃止になるまでは保有することができます。上場廃止になるかどうかは、上場廃止基準に触れるか、あるいは企業側で判断をするかのどちらかになるのですが、上場されている限りは保有していくことができます。上場廃止になっても保有していくことができる場合もあります。会社が存続する限り株式は存続しますから、投資を続けることはできるのです。

 
債券の場合には償還の時期が来ればその時点で換金されて、それ以上保有することはできません。仕組み債の中には、期限が完全に決められているのではなくて、条件によっては延長されるものもあります。その場合であっても、契約に定められたルールに基づいて判断がなされますし、永遠に換金できないことはありません。仕組み債は少し複雑なものがありますが、やはり時期が決まっているという点では共通しています。永久債の発行が考案された時期もありますが、実際には発行はされていません。

株式投資との相違について

2014/06/24

金融機関に預けるお金と株式や投資何がどう違うのか考えたことがありますか。
ちょっと見聞きしただけでは、理解するまでに時間がかかりますが内容を把握することができれば納得することもできるそれぞれの良い所のある商品だとわかるのです。

 
普通預金ならば元本が割れることがないので、将来計画的に使いたいお金があるのなら利息がほとんどつかなくても、自分のお金だけは残すことができstudent01_l貯めていくことで最終的に欲しい品を購入することが可能となるのです。

 
ですが、自分が今持っている資金で余裕があるのならば長期保有して運用していける商品も多数あり、こちらは元本保証がないタイプになります。
資産を運用していくのですからそれなりにリスクも生じてきます。

 
けれども、今持っている資金が1年後2年後に普通預金よりも良い利益になるとどうでしょう。

 
同じお金でありながら普通預金では貯めた分だけ残す事ができ、余裕資金でお金を回していく「利益確定で通常よりも10%も高く商品が売れた」となれば10%分が自分に入ってくるのです。

 
それが、1万円や2万円ならば「運用をしていてよかった」と感じられることでしょう。
もちろん、税金分や手数料は引かれますがそれでも十分な金額になるのです。