株式投資との相違について

金融機関に預けるお金と株式や投資何がどう違うのか考えたことがありますか。
ちょっと見聞きしただけでは、理解するまでに時間がかかりますが内容を把握することができれば納得することもできるそれぞれの良い所のある商品だとわかるのです。

 
普通預金ならば元本が割れることがないので、将来計画的に使いたいお金があるのなら利息がほとんどつかなくても、自分のお金だけは残すことができstudent01_l貯めていくことで最終的に欲しい品を購入することが可能となるのです。

 
ですが、自分が今持っている資金で余裕があるのならば長期保有して運用していける商品も多数あり、こちらは元本保証がないタイプになります。
資産を運用していくのですからそれなりにリスクも生じてきます。

 
けれども、今持っている資金が1年後2年後に普通預金よりも良い利益になるとどうでしょう。

 
同じお金でありながら普通預金では貯めた分だけ残す事ができ、余裕資金でお金を回していく「利益確定で通常よりも10%も高く商品が売れた」となれば10%分が自分に入ってくるのです。

 
それが、1万円や2万円ならば「運用をしていてよかった」と感じられることでしょう。
もちろん、税金分や手数料は引かれますがそれでも十分な金額になるのです。

 

コメントは受け付けていません。