株価指数先物取引の特徴について

株価指数先物取引は、レバレッジ投資です。証拠金を預けて、そしてその証拠金に対して何倍かのポジションを持つことができます。高いレバレッジをかけることができますから、効率良く資金運用をすることができます。ただし、レバレッジを高めればリスクも大きくなりますから、リスク管理が甘いと短期間で資金を失う可能性もあります。一言で言えばハイリスクハイリターンな投資だと言えるでしょう。長期的に保有をするよりも、短期売買をする方が適していると考えられます。

 

4967935
株価指数は、その国の経済全体を表していると考えられます。ですから、個別の要因よりもマクロの影響を受けやすいという特徴はあります。例えば金融政策の影響は非常に受けやすいと言えるでしょう。あるいは、為替レートの影響も受けやすいという傾向があります。国内要因だけではなくて、世界経済の影響を受けますから、個別の要因を分析するよりも、経済を取り巻く環境を分析する方が重要だと考えられます。短期的に見ても長期的に見ても、ファンダメンタルズとしてはマクロ面を分析するのが良いです。また、短期では相場の内部要因の影響が大きいですから、テクニカル分析を重視することも必要です。

コメントは受け付けていません。